Wi-Fi

Wi-Fiの2.4GHzと5GHz、周波数帯の違いとは

 

Wi-Fiで使用される無線電波の帯域である2.4GHz、5GHzはそれぞれ長所や短所があり、利用する環境に応じて帯域を選択した方が良いと言われていますね。

今回は2.4GHzと5GHzの何が異なるのか、またどちらを選べばよいのか、さらにそれぞれの特徴なども合わせてご紹介します。

 

2.4GHzの特徴

 

デメリット

様々な製品で使用されている無線帯域であるため、通信が混雑して不安定になりやすいです。

特にアパートやマンションなどの集合住宅の場合は、他の部屋からの電波障害を受ける可能性もあります。

 

メリット

壁や床などの障害物には強いので、電波が遠くまで届きやすいです。

旧モデルのWi-Fiも含めて様々なWi-Fi端末が対応しています。


このように2.4GHzは、チャンネル数が少ないにもかかわらず、使われている製品がとても幅広く多いため、電波干渉を受けやすいとされています。具体的にはBluetoothや電子レンジ等での電波干渉が有名です。

ただし電波の届く範囲が遠く、障害物にも強いので、例えば一戸建てで1階にWi-Fiルーターがある場合に2階の部屋でも電波が届く可能性が高いのです。

 

5GHzの特徴

 

デメリット

2.4 Ghzと比較して壁や床などの障害物に弱いため、通信距離が長くなると電波が弱くなる傾向があります。

旧世代のWi-Fi端末は5GHzに対応してない場合があります。

 

メリット

この帯域は、Wi-Fiルーター以外では使用されない帯域です。

そのため非常につながりやすく通信が安定します。電波の干渉も受けにくいです。

さらに2.4 Ghzと比較するとより高速な通信が可能です。

 

5GHzは使えるチャンネルが2.4GHzに比べて多いですし、電波の干渉がとても少ないですが、その一方で電波の直進性が高く、周りこめないので、電波が届く距離が比較的短いといったデメリットがあります。

さらにレーダーによる電波干渉を受ける可能性があります。

(この場合のレーダーとは気象レーダーや軍事レーダーを意味します)

 

最近のルーターならほぼ両方の帯域に対応しています。

Wi-Fiなら11aが5GHz専用で11nと11acは両周波数帯の電波が使えます。

ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどデータのやり取りが多いものを使うときは、5Gの帯域を優先して利用することがお勧めです。特に自宅がマンションなどの集合住宅の場合は2.4 Ghzの帯域が非常に混雑している可能性があります。この場合も5GHzの利用をお勧めします。

逆に比較的家が大きくて、Wi-Fiのルーターからつなげる端末機器がある場所で障害物が多い場合は2.4 Ghzの利用をお勧めします。

きちんと確認したい場合は、電波状況を確認できるツールが利用できます。周囲で飛んでいる電波について2.4GHz帯と5GHz帯の利用状況がわかり混雑具合をチェックできます。

 

周波数帯の切り替え方法

 

もしお持ちのWi-Fiルーターが、2つの周波数帯の電波が使えるタイプであった場合は、具体的にどうやって切り替えれば良いのでしょうか?

とても簡単なのでその方法をご紹介します。

 

  • ルーターのSS IDを確認します

皆さんのお使いのWi-Fiルーターで特に最近のものであれば、本体の裏側などにSS IDと暗号化キーが書いてあります。

それを見れば、どちらの周波数帯がどのSS IDなのかがすぐわかります。

ルーターからつなげている端末側でもこの確認はできます。同じようなSS IDが2つ見つかるからです。

例えばバッファローのルーターを利用している場合は、SS IDにもバファローの文字列が使われることが多いです。

 

  • SS IDの文字列

SS IDの文字列を注意深く見ると、アルファベットのGとAという文字が含まれているはずです。

文字列の途中が「G」や「A」になっている場合が多いです。

Aの場合は5GHzの電波でGが2.4GHzの周波数帯電波になります。

大文字と小文字の違いやSS IDの途中にあるのか、最後にあるのかなどの違いはあっても、Aなら5GHzでGなら2.4GHzというのは変わりません。

 

どちらがオススメか

 

電波の特徴上、周囲の状況に影響されにくい5GHzの周波数帯をおすすめします。

特に電波でデータのやりとりをしている場合は、もし通信しているデータが電波の干渉を受けると破損してしまいます。破損したデータは、完全に送信を終了するまでにとても時間がかかるのです。

しかも最高速度も5GHzのほうが速いです。

IEEE802.11acでは通信速度が最高6.9Gbpsとなっています。

2.4GHzしか対応していない11gの場合は最速54Mbpsです。

 

注意点について

 

最後に、注意するポイントですが、5GHzに対応していない端末も結構ある点です。

家庭用のゲーム機のWillやPS3などは5GHzの周波数には対応していません。これらを使ってインターネットのゲームをする場合には2.4Ghzを使うしかないのです。また古いスマートフォンや、Wi-Fiルーターなども対応していない場合があります。