Wi-Fi

Wi-Fiの速度が遅い時の対処の仕方、速度を上げるには

 

せっかく最新型のWi-Fiの機種を選んで契約したのに、使っているとWi-Fiが遅いなと思ったことはありませんか?そんな時にチェックするべき項目を今回はご紹介します。

 

Wi-Fiルーターをチェックする

 

Wi-Fiルーターの置き場所を案外気にせず、好きな場所にしているケースがありますが、

実はWi-Fiルーターの設置場所は通信速度を考慮する上でかなり重要です。

Wi-Fiの位置を少しずらして置くだけで速度が改善することはよくあります。

ルーターを置くときに、電源に近い場所をと考えて、床に置いたりしていませんか?

Wi-Fiは電波を使うものなので、ルーターの設置はなるべく床ではなく、高い場所から電波を飛ばすように設置するほうが通信は安定します。

Wi-Fiルーターの電波は障害物や遮蔽物にも弱いため、厚みのある壁の近くや大きな家具の影などに置くと、電波障害を受けやすい傾向があります。

ルーターとの距離も大事です。Wi-Fiの電波は比較的短距離ですので、ルーターとの距離をできるだけ近くにすることがとても大切です。

例えば家の中で、インターネットを利用する部屋がリビングのみというように限られている場合は、リビングのできるだけ高い場所で、障害のない場所にルーターを置くことが基本ですが、家中の各部屋でインターネットを利用したい場合は、Wi-Fiのルーターを家の中心近くに設置することが理想です。

ただし家の間取りや、構造によっては、中央に設置しても電波が届かないケースが出てくる可能性があります。

その時に役に立つのが、Wi-Fiの中継器や信号増幅器です。

Wi-Fiの中継器を使うと、電波が届きにくい死角であっても、無線LANの電波を増幅することができます。価格帯も2000円から3000円台で購入できるものがありますので、興味ある方はぜひご検討ください。

 

電子レンジ等からの電波干渉を調べる

 

無線LANは電波を使用しますが、無線LANの規格では2つの周波数帯の電波が使われています。

2.4GHz帯と5GHz帯がそれにあたりますが、それぞれ電波干渉の強さが異なります。特に2.4GHz帯の電波帯は電波干渉を受けやすいと言われています。その代表格が電子レンジです。電子レンジの周波帯がWi-Fiの周波帯と重なることがあるからです。電波干渉を受けた場合は、ルーターのデータ送信が妨害されてしまいます。このため通信速度が一時的に低下したり、遮断されたりといったことが起きるのです。

Bluetoothのデバイスも電波干渉を発生しやすいと言われています。Bluetoothも2.4GHzで動作するためです。

できればBluetoothはルーターからできるだけ離れたところで使用するようにしましょう。

このほかにもコードレス電話や、ワイヤレスのキーボードなどが同じ周波帯を利用しており、干渉が生じやすいと言われています。

 

近隣や、隣人のWi-Fi利用者と違うチャンネルに変更する

 

Wi-Fiルーターの電波同士はお互いに干渉しあいます。つまり近くでWi-Fiのルーターが複数稼働している場合は、お互いの電波が干渉しあって通信速度が下がる原因となります。この問題は特に集合住宅で発生する可能性が高いです。

これをチャネルの重複というのですが、2.4GHzだけを使用するルーターや2.4GHzの無線シグナルしか受信できないようなデバイスを使用しているときによく起こる問題です。最近の新しいWi-Fiは、自動で適切なチャネルを選んでくれるものもありますが、混雑していないチャネルを自分で見つけることもできます。

 

 Wi-Fiルーターの同時接続数を多くしない

 

最近のWi-Fiルーターは同時接続が10以上可能であるものもたくさんあります。特に多数の端末が同時に接続されている場合は、どうしても速度が低下しやすくなります。このような場合は、今すぐに使う必要のない機器は電源を落として、ルーターとの接続を切断しましょう。

 

同じWi-Fiに接続している家族が原因の場合

 

モバイルWi-Fiは、動画や画像など家族とデータを共有できるメリットがありますが、その一方で同じネットワークに接続している家族の誰かがゲームや動画等で通信を多量に利用している場合は、Wi-Fiののパフォーマンスの低下につながります。

 

QoSを有効にする

 

QoSを有効にすることでパフォーマンスを改善できます。

Wi-Fi側ルーター側の設定でQoSを有効にすれば、通信の中身に応じてデータの優先度を変えることができます。

手動の設定ではゲームやオーディオ、ブラウジング、ダウンロードといった項目で優先度を得られますので、自分が利用したい通信を優先することができます。

 

ビームフォーミングを利用する

 

一般的なWi-Fiのルーターは全方向に無線電波を飛ばすように設計されています。

電波をできるだけ広く、そしてまんべんなく届けるためにこのような設計になっているわけですが、あらゆる方向に均等に電波を飛ばしているため、出力が無駄になっている部分もあるわけです。ですのでWi-Fiを使いたい機器の場所が特定されている場合は、その特定の端末に向けて集中的に電波を飛ばすことができる機能がビームフォーミングです。このビームフォーミングの機能を使えばパフォーマンスと速度の改善につながります。

 

大容量量ファイルのダウンロード

 

Wi-Fiが遅いなと感じているときに、同時に接続しているパソコンなどで大量のファイルをダウンロードしているというケースがあります。システムのアップデート等もそうですが、緊急でないタスクを実行している場合は、このダウンロードの一時停止を試みてください。

 

まとめ

 

これまで見てきたように、無線LANは利用する環境によって最適な設定が変わってきます。また通信速度もルーターを取り巻く環境によって大きな影響受けます。通信をより安定させ、そして高速化させるために様々な設定を見ながらチューニングをすることをお勧めします。