WiMAX

WiMAXのセキュリティ対策が気になる!?その仕組みとは

 

WiMAXのセキュリティが気になる方に、今回はWiMAXが採用する最新のセキュリティについてご紹介します。モバイルWi-Fiのセキュリティが心配という方に是非読んで参考にしていただきたいと思います。

 

WiMAXのセキュリティ

 

有線LANのケーブルで機器同士を接続する固定回線の光回線などと異なり、モバイルWi-Fiは無線の電波による接続のため、第三者による情報やデーターの傍受は比較すると容易といえます。

そのためモバイルWi-Fiの事業者は、WiMAXをはじめセキュリティをかなり考慮しています。


SSID

 

自分が今使っているWi-FiのSS IDや、接続可能な端末機器のSS IDは、例えばスマートフォンの画面でWi-Fi接続時などのSS IDのリストに表示されています。似たような数字の羅列であったりアルファベットを含むメーカー名等といった表記で確認できます。実はこのSS IDは、設定によって隠すことが可能です。この方法はSS IDステルスと呼ばれています。隠せることでセキュリティーは高まると言えますが実はがあまりお勧めする方法ではありません。接続の手順がとても複雑になるからです。接続の面倒さを気にしない方は、SSIDのステルスも有効な手段といえます。

さらにまあり一般的には知られていないかもしれませんが、Wi-Fiルーターで使われているSSIDは、Googleやアップルまたマイクロソフトなどの位置情報サービスによって自動収集されています。この情報がGPSの位置情報と紐付けされているのです。こういった利便性もSSIDには存在するのです。

これほどに重要なSSIDやパスワードは初期設定のままでなく、定期的に変更することでかなりセキュリティが確保できます。



暗号化技術と規格

 

暗号化技術や暗号化の規格にはいろいろあります。

WEP(Wired Equivalent Privacy)は無線LANの暗号化方式の規格の一つです。

「WEP」の暗号化は、無線電波を送受信する機器の両方が共通の「秘密鍵」を持ちます。

「秘密鍵」とは、通信をしたい者同士だけがその鍵を持っており、外部には知られないように使用するものです。英数半文字ビットで作成されています。この文字列を「WEPキー」と呼ぶのですが、一般的にはパスワードと呼ばれています。

暗号化には「RC4」という暗号アルゴリズムを用いて元のデータを変換して送信しています。

RC4はデーターをまとめて暗号化するブロック暗号ではなく、元のデーターをそのままの流れで暗号化するストリーミング方式で1バイト単位で暗号化処理をするのが特徴です。

1997年に登場したものですが、現在ではWEPは鍵が40ビットしかないため見破られやすく危険性が高いということでほとんど利用を推奨されていません。


WPAとは

 

Wi-Fiのセキュリティ方式として最初に採用されたWEPが危険であると認識されるようになった後、2002年に登場したのがWPAです。互換性に配慮しているため1部WEPと同じものが利用されています。

暗号アルゴリズムにはWEPと同様に「RC4」が利用されていますが、使い方がWPAとは異なります。WEPは共通鍵を変更しない限りそのまま使い続けるのですが、WPAの場合、一定時間もしくはパケットごとに変わる「一時鍵」となります。これによりさらに第三者による暗号の解読を難しくしているのです。このやり方は「TKIP」(Temporal Key Integrity Protocol)

と呼ばれています。

さらに暗号鍵も40ビットから128ビットになりました。英数半角では5文字から13文字に増えたのです。WPAは、同じRC4を使いながらも、認証鍵方式を追加したり、鍵やIVを長くし、完全性のアルゴリズムを修正することによってセキュリティを強化してより強固なものとなったのですが、暗号化アルゴリズムの国際標準が新しいものに変わることをきっかけにRC4という古いアルゴリズムを利用するWPAの次にWPA2が登場します。



WPA2とは

 

WPAの新しいバージョンといえるのがWPA2です。

暗号化のための最新技術として新世代標準暗号化方式AES「Advanced Encryption Standard」を採用しています。AESは最も強度が高い暗号技術です。

セキュリティ面の脆弱性を補うためにも古いルーターを使い続けていたりしなければ、使っているコンピューターをパブリックネットワークモードにするなどの対策で安全にWi-Fiを利用することができます。

WiMAXは現時点で最もセキュリティが確保されたWPA2を利用しているので、かなり安心できますが、さらにセキュリティを向上させる方法があります。



有料のセキュリティサービス

 

有料のセキュリティーサービスを利用することで、さらに安全性を確保することができます。

以下はプロバイダが提供するセキュリティの一覧です。

 

YAHOO ⇒ BBセキュリティ ・・・ ノートンを使用 月額336~598円

BIGLOBE ⇒ セキュリティセットプレミアム ・・・ マカフィーなどを使用 月額399円

OCN ⇒ ウイルスバスター【月額版】 ・・・ウイルスバスターを使用 月額450円

OCN ⇒ ノートン・インターネット【月額版】 ・・・ ノートンを使用 月額514円



まとめ

 

これまでご紹介したように、WiMAXのセキュリティは最新の暗号技術によって守られていることや、自分でSSIDやパスワードを定期的に変更するなどの対策をすることで、より安全に通信を利用でき、かつ有料のセキュリティーサービスを組み合わせることでさらに強固なセキュリティを確保できるということがおわかりいただけたと思います。是非様々な方法で安全にWiMAXを利用していただきたいと思います。